どーも、かっつです。

ブログ記事を書いたり、
動画をアップロードしたりすると、
誹謗中傷されることが極たまにあります。

今回は、そんな誹謗中傷の
対策についてお伝えします。

誹謗中傷の対策

結論から言うと、
誹謗中傷への対策は
スルーすることが一番だと思います。

なぜなら、
誹謗中傷してきた人へ
怒りの返信をしている時間が
もったいないですし、
あなたが激おこぷんぷん丸になってしまっては
相手の思う壺になります。

あなたを誹謗中傷したあいつは
「しめしめ…」と思っていることでしょう。

誹謗中傷してくるアンチは
あなたのファンではありません。

アンチに対して使う時間を、
ファンに対して使う時間に変えた方が
よっぽど有意義な時間の使い方になると思います。

 

ネットで誹謗中傷への対策方法を調べると、
・弁護士に相談する
・名誉毀損として訴える

こんな対策方法が出てきます。

そのブログ内の広告が「弁護士への相談」になっていて、
これは広告をクリックさせるための記事なんだな
なんて思ってしまいます。

どれほどの誹謗中傷かによって
取る対策は変わってくるかもしれませんが、
わざわざ弁護士に電話するくらいなら、
好きな人と時間を一緒にしていた方が有意義ですし、
裁判なんてなった日には無駄に疲れてしまいます。

できることならスルーするのが一番です。

マックスむらいから学ぶアンチ対策

かの有名なYouTuber
マックスむらいさんをご存知ですか?

マックスむらいさんは昔、
首の病気で体が動かせない日がありました。

その日、暇すぎて、
YouTubeのコメントに対して
全レスをしたそうです。

マックスむらいを称賛するコメントや
マックスむらいを批判するコメント、
どちらに対してもレスをし、
コメント欄では
「マックスむらいが登場して全レスいる!」
と大盛り上がりになったそうです。

数日後、マックスむらいさんは愕然とします。

マックスむらいはコメント欄の全レスをしていたのですが、
ネット記事ではアンチへのコメントだけが切り取られ、
「マックスむらいは病んでいる」という情報が流れました。

むらいさんは社長として
オフラインでも活動しているのですが、
ネット記事のせいで悪い噂が流れ、
仕事にかなり支障が出たようです。

ノリで、アンチへもファンへも全レスして
ただ楽しんでいたはずが、
とんでもないダメージになりました。

ということで、
ネットでは悪い部分だけが切り取られて編集され、
変なイメージが一人歩きすることが往々にしてあります。

気をつけたいところですね。

アンチが誹謗中傷をする理由

そもそもなんで相手が
誹謗中傷をしてくるのかという話ですが、
それは「相手の心が貧しい」に尽きると思います。

その誹謗中傷を書き込むエネルギーがあるなら
もっと別なプラスのエネルギーを生み出せば良いのに…
と思っちゃいます。

 

僕は議論したりするのが苦手で、
平和主義なのですが、
中には誹謗中傷をすることで
自分が満たされるヘンテコな人もいます。

 

ちなみに愛のある批判や否定的な意見もあると思います。

誹謗中傷と批判はまた別なので、
あなたの情報を受け取った人が
改善点を示してきた場合は
聞き耳を立てて受け入れる姿勢を持つのも大切ですね。

まとめ

  • アンチからの誹謗中傷はスルーしよう
  • アンチではなくファンに対して時間を使おう
  • ファンからの批判や否定的意見には耳を傾けよう

誹謗中傷を受けてしまった場合、
スルーできなかったとしても、
「あーなんか蚊が飛んできたな」
くらいに思うくらい
器の大きい人間になりましょう!

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター