どーもかっつです。

「歌手=印税」

「歌手=曲売ってなんぼ」

ってのが、
僕らが抱くミュージシャンへのイメージですよね。

そんな中、矢沢永吉さんは、
シングルの売り上げが最大で64万枚。
次が30万枚代のCDがちらほらあって、
ミュージシャンとしてはそこまで
CDで売り上げを伸ばしていません。

でも、
ライブでは海外から大物アーティストを
サポートメンバーとして加えたり、
大規模なオーケストラなんかも呼んじゃったりと、
かなりお金をかけています。

そんな矢沢永吉さん。

CDよりも売っているものがあります。

彼の収入源の柱ははどうやら、
ライブのグッズにあるようです。
中でもタオルがバカ売れするんだとか。

1枚5000円するタオルなんですが、
矢沢永吉さんのライブでは「タオル投げ」という文化があり、
「タオルが消耗品になっている」とのこと。

これですね。
動画を見ていると、
終始上にポイポイっと投げています。

終盤に「タオルさよなら〜」って感じで
投げるのかと思っていましたが、
そんなことはありませんでしたw

万が一タオルをなくしてしまえば、
ライブに参加した思い出が消えてしまう可能性もあります。
そうなれば、帰りにまた何かしら購入しますよね。

 

そしてこのタオル作戦ですが、
我らがB’zもやっています。
(B’zラブ。)

B’zの中でもめちゃくちゃロックな曲の
「ギリギリchop」という曲があるんですが、
この曲をやるときはボーカルの稲葉浩志さんが、
タオルをぐるぐる回します。

ボーカルが舞台上でタオルをぐるぐる回すもんですから、
もちろん会場に居るお客さんもぐるぐるとタオルを回すのです。

King Of The Streetというアルバム曲でも
タオルをぐるぐると回したのですが、
King Of The Streetはマイナー曲すぎるので
今後ライブで演奏されることはないと思います。

B’zのライブではタオルを回さないこともあるので、
必ずタオルがバカ売れるするということはないでしょうけど、
B’zのライブではタオルは必需品です。

「稲葉がタオル回すかもだから買っとくか」って感じですね。
タオルを持ってない状態でライブに参戦して、
タオルを回す曲が演奏されたら、それはもう絶望です。

B’zのライブや矢沢永吉のライブでは必ずタオルを持ちましょうw

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター