「詩」の記事一覧

【詩】独占禁止法

君を独り占めしたい   お金で買える至福の時間は 一瞬でドロリと溶ける。   積んでも 積んでも 買えない君の心 巨大な富があれば 君は僕の彼女(もの)になるの?   だれがすきで だれがき・・・

【詩】イタズラ

僕があなたを想うほど あなたの傷は増えてゆく   僕が直接傷つけなくても 神様が敵になる。   結ばれるはずだった2人の愛には 障壁が多すぎる。   2度しかあなたを見ていなくても 僕は愛を・・・

【詩】磁石

フォトフレームに1枚の記憶 1か月前の古びたあなたは輝いている。   今どこで 今何を 今誰と 時を重ねているのだろう?   あなたの美貌はぼんやりと 浮気性な僕のハートをくすぐる。   僕・・・

【詩】瞳

首から下がる真っ赤なダイヤは 生の証・血の証。   メラつく炎に身を任せ 滑り落ちる 快楽の世界   僕らは愛し まどろみ合うために 生まれてきたのだろう。   人差し指の銃口を向けられても・・・

【詩】トロトロなアイス

その唇に その舌先。 今日もペロリとアイスを弄ぶ。   耳たぶのダイヤはあなたの証 優しい風に ひらりと光る ダイヤモンド   アイスは今日もひんやりと マーブル色にくるくると溶けてゆく。  ・・・

ページの先頭へ