どーもかっつです。

スロットってギャンブルで博打ってイメージを持っていませんか?

これが今年の僕の収支グラフです。(今は2019年の9月30日です。)

「こんなに順調に増えるんだ!」って思いません?(ちょっと荒れてはいますがw)

スロットは勝ち方を知り、徹底的に勝つ行動だけを繰り返していけば勝ち続けることができます。

僕はパチプロの人の収支グラフを見た時に、グラフが右肩上がりに上がっていて衝撃を受けました。「これって、ギャンブルちゃうやんけー」と。ギャンブルって勝って負けてをくり消して結果トントンなイメージとか、結果的に負けているって感じだと思っていたんですよね。

結論を言えば、スロットは勝てます。メダルが増える台を打てば、メダルは増え続けるし、メダルが減る台を打てばメダルが減り続けるだけで、非常にシンプルです。

ギャンブルは胴元が儲かるようにできているのは周知の事実ですが、実際にスロットは勝てます。僕はスロットをはじめたての頃、半年で50万円負けましたが、今では勝ち続けることができて、累計の収支は+700万円を越えます。

今回はそんな、実際にあった体験をストーリーとしてお話ししていきます。

スロットの師匠は友人

僕がスロットをはじめたのは2008年の12月。当時あった機種は、エヴァのまごころやリングにかけろ、キン肉マンなどですね。懐かしい。スロットをはじめたきっかけは、友人に誘われて。友人は「1年間で200万円以上勝った」と自分の実績を僕に伝えてきました。そんな彼に教わりながら仕事とパチンコ屋を往復する日々が続きます。

友人は中華料理店のバーミヤンでバイトをしていて、空いた時間はスロット屋に居たので僕が「メダル増やしておいて」と頼んだり、友人に「花の慶次が楽しいから打とう!」と言われたので僕が打ってみたら全然当たらなかったこともありました。

そして…。

半年で50万円負けました。

でも、どうしてもスロットで勝ちたかった僕は収支をノートにつけ続けました。負けているのは体感的に感じていたので、累計収支を計算することはありませんでした。勝てるようになって後からノートを見返して収支をひたすら足していったら、負け額が50万円という大金になっていたというわけです。

負けから脱出したきっかけ

スロットを半年間続け、負けが混んでいた頃、「どーやったら勝てるのかな?」と疑問に思いながらネットをガラケーでぽちぽちと検索すると、とあるスロプロのブログにたどり着きました。そのスロプロは年収500万円を目標に、大阪で活動していました。

実際にスロプロがやっている稼働ブログを見て、「なるほど、こーやれば勝つことができるのか!」と徹底的にパクりました。最初にやったことはエヴァンゲリオン約束の時を打ち、見事に勝利を掴みました。

味をしめた僕は、色んな機種を打てる条件になったら打ち、やめどきで止めるということを徹底的に繰り返しました。他にも、イベントの日には出る台を探して打つことも始めました。

目押しは数をこなせば慣れる

スロットには目押しと呼ばれる、リールを狙ったところで止める技術が存在します。最初は全然リールが見えなくて難しいですが、しっかりと手順を踏んで練習すれば、目押しは体感でできるようになりますし、リールを回しながらでも図柄を見ようと思えば見れるレベルには誰でもなれると思います。

初めてリールを目押ししようとしたときは「リール回るの速すぎw」的な無理ゲーを強いられた感覚に陥りますが、それも数をこなすことによる慣れと、止めようとする意識さえあればいずれ身につきます。

スロットの時給は2000円前後

スロットで勝てるようになれば、時給2000円前後を弾き出すことができます。お客が儲かるように設定された台では、時給9000円なんてのもあります。お金のためだけにアルバイトをするくらいならスロットの方がよっぽど稼げます。

勝率は30〜40%程度ですが、コツコツ負けてドカンと一発でとりかえすような感じです。スロットで勝てるようになっている僕ですら、一時期30万負けを食らって萎えるようなこともありました。投資にはどうしてもドローダウンと呼ばれる、資金が落ち込む瞬間が存在します。だから、もしあなたがスロットを始めるなら20〜30万円の余裕のある資金が必要になってきます。

まとめ

  • スロットは時給2000円程度
  • スロットに必要な余剰資金は20〜30万円程度
  • スロプロを徹底的にパクったから上手くいった
  • 目押しは数をこなせば慣れる

スロットの詳しい勝ち方については無料のメルマガでお伝えしているので、もし興味があれば登録してみてください。スロットの世界がタダで知ることができるのでお得ですが、登録するかしないかはあなたの判断にお任せしますね。

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター