「お金とは信用である。」

よく聞く言葉ですね。

 

僕はブログをいくつか持っていて、
ブログの広告からいくらかの
収益が発生しています。

ブログ広告からの収益発生は、
信用をお金に変えてるというよりは
価値提供がお金になってる感じですかね。

 

「信用をお金に換える」というのは、
何かを売ったりする時の考えなのかなぁと思います。

 

で、この
「お金とは信用である」って考え、
なんかイメージ湧かないですよね。

 

そこで今回は、
贅沢をしているホームレス、
小谷さんを取り上げます。

ホームレス小谷さんは
ホームレスなのにも関わらず…

・毎日寿司食って痛風になる
・名古屋から東京に女の子連れてきて結婚する
・250万円を集めて挙式をする
・海外旅行で5ツ星ホテルに泊まる

ってことをやっています。

 

謎すぎん?

その謎を、解明していきます。

ホームレス小谷

ホームレス小谷さんは、タレント芸人です。

キングコング西野さんがスピーチで
ホームレス小谷さんを紹介している動画があって、
知りました。

ホームレス小谷さんと、
キングコング西野さんは友人なんです。

信用をお金に換える方法

ホームレス小谷さんが、
どーやって信用をお金に変えているのか?

 

彼は1日50円で自分の時間を売っています。

1日50円です。

生活していけませんよね笑

 

1日50円でどんな事をしているかといえば、

・庭の草むしりを一日中本気でやる
・東京から名古屋からヒッチハイクし、
鬼ごっこや水遊びをしにいく

このようなことをやるんだとか。

 

依頼主は一日中本気で働く小谷さんを見て
昼飯や夕飯を奢ってしまうのです。

信用が食べ物に変わっていますが、
食べ物を買うにはお金がかかるので、
言い換えれば信用がお金に変わっています。

 

ホームレス小谷さんは
パクパクムシャムシャご飯を食べます。

「飯アザーっす!」
「おかわり!」

などと、遠慮は一切ないのです。笑

 

そしたらなんだか仲良くなってしまって、
飲みにまで誘われたりするんですって。

家に泊めてもらうこともあるようです。

 

これって異常です。

非常識です。

普通は、働いたらお金を求めます。

 

以前Twitterを眺めていたら
「僕の1日を3万で買ってください」
って人が居ました。

これが普通です。

なんかやるから金くれ。

これが普通。

 

でも小谷さんは50円しか要求しません。

50円で働くからこそ、
お昼ご飯や晩御飯は出してもらえて
呑みにまでも誘ってもらえちゃいます。

もしここで、それ相応のお金をもらえば
関係はそこまでです。

 

小谷さんは50円で圧倒的な価値を提供し、
莫大な信用を稼いでいます。

そして、お客さんをファン化させているのです。

 

どーやって贅沢しているの?

ホームレス小谷さんが
どーやって贅沢しているのかといえば、

・ファン(元依頼者)から奢ってもらう
・クラウドファンディングで信用を両替する

このどちらかの方法を取っています。

クラウドファンディングは信用の両替

クラウドファンディングとは、
何かの目的の為にネットでお金を集める、
ネットのサービスです。

クラウドファンディングは、
はたからみれば集金ですが、
本質は『信用の両替』です。

 

例えば、
ロンドンブーツの田村淳さんは
クラウドファンディングに失敗しています。

なぜかと言えば、
田村淳さんは知名度は持っているものの
信用を持ち合わせていないからです。

 

テレビに出ている人は
嘘をついたりするので、
信用がたまらないのです。

・グルメ番組で、不味い物を美味い!と言う
・使ってもいない投資口座のイメージキャラクターになる
・ロンドンハーツで人にドッキリをかけ楽しんでいる

1番最後のロンドンハーツに関しては、
まさに田村淳さんの例ですね。

ロンドンハーツはエンタメとしては
かなり面白いんですが、
人としての信頼、信用という面では
マイナスイメージです。

 

一つだけ補足しておくと、
ロンハーの企画は田村淳さんが考えるわけじゃないし、
司会業として大胆に笑ったりして
番組を盛り上げるのは必要な事です。

でも、ロンハーのドッキリ。

言い方を変えれば「他者へのイタズラ」は
田村淳さん自身がしていなかったとしても
自分の評価を間接的に下げてしまう事になります。

司会者は番組の顔なので、
番組のイメージまでも背負ってしまう…。

どーしようもない宿命ではあるのかもしれません。

 

そんなわけで、
普段から信用を貯めまくっている小谷さんは
クラウドファンディングを上手く使って
必要な時に信用を両替しています。

 

小谷さんは、クラウドファンディングで挙式をしました。

「結婚したから式を挙げたいけど250万円も掛かる…。」

「1人4000円で来ない?」

と呼びかけたのです。

『あの小谷が結婚するのか!』
『じゃあ行ってみっか』

って感じで、
数年前の無名だったホームレスでさえ
クラウドファンディングに成功しています。

2週間で250万円集まったそうです。

信用持ちか、お金持ちか

必要な時にお金を調達できる信用持ちと、お金持ち。

果たしてどっちのほーが良いのか?

僕が思うに、
・信用持ちは必要な時だけ信用をお金に両替する
・お金持ちは早いタイミングで信用をお金にする

この、タイミングの違いでしかないと思います。

お金持ちになるには、
結局信用を稼ぐ必要があります。

根本は、一緒なんじゃないかと。

 

つまり、
お金持ちでも信用持ちでも
どっちでも良いという事です。

 

一方で、ホリエモンやキングコング西野さんは、
今の時代はお金持ちよりも信用持ちになるべし
ということを言っています。

なぜなら、
口座に積み上がるだけの
使わないお金はただの紙切れであって、
お金を使って得た知識や経験は
一生無くならないから。

だからお金なんて貯めとく意味ないじゃん?

と言った理由です。

僕も目的の無い貯金は無意味だと思っていて、
お金は知識や経験に投資するべきだとも
思っているのでそこは同意です。

 

でも、
信用持ちの無一文では
お金持ちよりも縛られる生活になります。
相手の都合に合わせる必要が出てくると思います。

ホームレスの小谷さんみたいに、
外交的な性格であれば
楽しみながら信用を稼ぐ事ができます。
いろんな人と絡んで遊んで泊まったり。

 

所がこれ、内向的な人だったらキツいですよね。

内向的な人は1人の時間も好きでしょうし、
友人関係は広く浅く、よりも深く狭く、でしょう。

自分が付き合いたい人とだけ過ごす為にも、
内向的な人こそある程度お金持ちになるべきだと思います。

 

今の時代はネットがあるので、
内向的な人はネットを使うと良いです。

ネットで何をするのかといえば、
コンテンツを作り、発信する。

コンテンツは1が10→100→1000になります。

 

例えば、
僕は今こーやってブログ記事を書いています。

1度作ったブログ記事をネットに置いとくだけで
沢山の人に読まれて、気づきを与えたり、
共感を与えたり、感動を与えたりできます。

 

これはつまり、
ネットを使って信用を貯めている
ということですね。

 

しかも、
少ない労力で最大限の
信用を貯めることができます。

ネットで貯めまくった信用によって
ファンができて信用がお金になる。

 

小谷さんはアクティブなやり方で
信用を貯めるのに対して

僕みたいな内向的人間は
ネットを使ってコンテンツを発信することで、
家に居ながらにして信用を貯めることができます。

 

ネットでの発信は
コツコツと作業を重ねていく必要があるので
内向的な人ほど向いていると思います。

まとめ

・お金持ちはお金を先にもらい、物やサービスを提供する
・信用持ちは信用を先に与え、必要な時だけ信用をお金に両替する
・内向的な人こそネットを使って信用を稼ごう

 

外交的なら外に出て信用を貯めまくる。
内向的ならネットで信用を貯めまくる。

結局のところは信用が全てですね。

結果としてお金を信用に変える事ができます。

 

今はクラウドファンディングや
インターネットがあるからこそ
個人でも戦える時代です。

ということで、
僕も信用を貯めてくように頑張ります!

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター