どーも、かっつです。

夜は、液晶画面を見ない方が、
睡眠の質が上がります。

液晶画面から出ているブルーライトは
日光のようなもので、
夜に日光を浴びてしまうと
おはようホルモンのセロトニンが
出てしまいます。

セロトニンは夜になるとメラトニンに変わって、
おやすみホルモンとなる訳なのですが、
液晶画面を見ているとこの
セロトニン・メラトニン
のホルモンバランスが崩れます。

まぁー言ってもシャーないやん。

液晶画面は日常生活から切っても切り離せません。
正直、僕も夜でも液晶画面を見てます…。

そんなあなたに朗報です。
(ジャジャン!)

iPhoneでは夜にブルーライトを
カットする事ができるのです。

この機能を「Night Shift」と呼びます。

では、NightShiftの設定方法をお伝えします。

iPhoneでブルーライトをカットするNightShiftの設定方法

  1. 「設定のアプリ」を開く
  2. 「画面設定と明るさ」を開く
  3. 「Night Shift」を開く
  4. 時間設定を「20時-5時」にする
  5. 色温度は「暖かくを最大」にする

以上で設定は完了です。

設定時間の20時になると、
画面がオレンジっぽくなります。

冒頭でも言いましたが、
ブルーライトは朝はガンガン浴びると
セロトニンがバンバン分泌するので、
設定時間は深夜帯だけにしておきましょう。

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター