どーもかっつです。

今回は、
お笑い芸人キングコングの西野亮廣さんが
立ち上げたスナックキャンディを取り上げます。

なんとこのスナックキャンディは、飲食無料です。

飲食無料なのにどーやってマネタイズしているのか?

そのカラクリを紐解いていきます。

マネタイズをずらす

スナックキャンディは、
スナックだけど飲食を無料にしてしまおう!

と、西野さんが提案をしました。

飲食店で飲食料金を取らないだなんて言語道断…。
しかも、飲食無料にすることによって更なる弊害が生まれます。

それは、飲みすぎちゃう人が出てくるということ。
つまりは、お店がゲロまみれになるということです。

「飲食意外でマネタイズ+ゲロ防止」を両立する対策案は
「1ゲロ10万円の罰金」でした。

ゲロが感謝されるお店。
ゲロで回るお店。
スナックキャンディ。

ゲロの罰が10万円じゃあ高すぎて話になりませんから、
ここでクラウドファンディングが登場します。

「ゲロの罰金をクラウドファンディングで集めたい!」

となれば、スナックキャンディを応援している人から
リツイートされて更に拡散されるといったところ。

ちなみにこのスナックキャンディは会員制で、
全国各地に800人の会員を抱えています。

月額500円なので40万円の売り上げは
毎月経つのですが、家賃が24万円だそうです。

人件費を含めると40万円以上になってしまいますから、
ゲロは必須になってきますねw

実際のところは…

上で取り上げた話は構想段階での話で、
実際のところはどーなっているのかを調べたのですが、

  • トイレに入るのにチップ
  • 行くのに手土産
  • 撤収作業を手伝わされる
  • 200円レベルのチューハイが800円で出される

ということで、普通に料金は取っているみたいです。
なんか逆に気を使ってしまうようなスナックですね…。

しかも結構頻繁に休業しているみたいで、
気分で運営しているようです。

今は全国各地に30店舗くらいあるそうなのですが、
店舗によって運営方法が違ってくる可能性もあります。

月額500円で飲み食い無料だったら、
かなりそそられるなーと思ったんですが、
現実問題はそう甘くはないようですw

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター