どーもかっつです。

キングコングの西野亮廣さんが書いた、
魔法のコンパスという本を読みました。

今回はその中から「お金」を取り上げていきます。
結論を言えば、「お金=与えた価値の対価」です。

お金を稼ぐ事は悪ではないし、
本来、お金を稼ぐ事は我慢する事でもありません。

その辺を掘り下げて行きます!

お金とは何なのか?

僕はゲーセンでバイトをしていて、
メダルコーナーを専門にやっています。

お客さんから呼び出しがあっても
結構他の人に任せている部分があって、
その点については「クソだな」と思います。
(自分のことですw)

僕は労働をして、
お金を得ているわけですが、
「労働した対価がお金である」
という考えは、ちょいとずれています。

ネットを使って起業した人の中には、
最初は労働をしたものの、
今では何も労働をせずとも、
稼いでいる人がいるのです。

「労働した対価=お金」という考えならば、
この、ネット起業家は存在しないはずです。

では、彼らは何をやっているのか?というと、
ネットを使って自動で価値を提供しています。

  • 1度撮った動画
  • 1度書いたブログ記事
  • 1度書いたメルマガ
  • 1度書いたセールスレター
  • 1度書いたTwitter

これらがネット上の資産として残ることで、
何人もの人に見られ、読まれて、
自動で価値を提供しているのです。

つまり、
「提供した価値の対価=お金」のなのです。

僕は表面的には労働をしているわけですが、
もうちょっとほじくり返してみると、
企業へ価値を提供しているから
お金がもらえると言うことです。

僕は(お客さんに呼ばれても基本的に行きませんが、)
エラーの出ている機械をリセットしたり、
壊れたセンサーを交換したり、
汚れている機械を拭いたりしているわけです。

そうやって価値を提供しているからこそ、
お金は得られるのです。

高級取りになるには

僕はゲーセンでアルバイトをしていますが、
基本的に潰しが効く仕事です。

僕がずる休みをして休んだとしても、
他の誰かが僕の代わりをやってくれます。

僕じゃなくてもやれる仕事。
誰でもやれる仕事だからこそ、
アルバイトは時給が低いです。

企業としては、
誰でもできるようにマニュアル化する事は
大切な事なので良いのです。

例えば一人の営業マンだけが
めちゃくちゃ優秀だったら、
その人が居なくなった時に
会社もどん底に陥ります。

優秀な営業マンには営業をさせずに、
売り方のマニュアルを作らせるのが先です。
そうすれば会社は安定します。

話は外れましたが、
僕らが高級取りになるためには、
自分自身の希少価値をあげる必要があります。

医者や弁護士なんかがわかりやすい例ですね。

でも、医者や弁護士にならなくても、
希少価値をあげる方法は存在します。

自分の希少価値を上げる方法

「1万時間の法則」という法則をご存知でしょうか?
人が何かをモノにするには1万時間必要である。
という法則です。

まずあなたが、
分野Aに絞って、1万時間、頑張ったとします。

大抵の人は分野Aを極めても移動しようとはしません。
人は現状を変えるのが怖い生き物で、
それは人間心理に基づくモノです。

だからみんな、
自分の極めた一つの分野だけで
1流になろうとします。

弁護士として一流になろうとしたり、
医者として一流になろうとしたり、
プロ野球選手として一流になろうとしたり、
芸人として一流になろうとしたり。

1つの分野だけで1流になるには、
1万時間では全然足りませんし、
狭き門を潜る必要があります。

そうではなくて、
分野Aで1万時間を費やしたら、
次は分野B で1万時間を費やす。
その次は分野Cで1万時間を費やす。

そうすることによって、

分野Aで1/100人の人材
分野Bで1/100人の人材
分野Cで1/100人の人材

となります。

全ての分野を掛け合わせて
分野A×分野B×分野Cとなると
1/1000000の人材になります。

つまり、ここで希少価値が生まれます。

この分野の中の一つに
ネットを加えると非常に強力になります。

1つの動画やブログ記事を作るだけで、
その価値は2人に届けば2倍、
100人に届けば100倍になります。

アホほど効率が良いのがネットの魅力です。
加えて、作ったものは資産として積み重なります。

ネットを使った作業は、
基本的にやればやるほど後々楽になってきます。

ネットの力を付ける方法は、
自分から情報を発信することです。

読むだけのROM専では、
大してネットを活用できていません。
ネットは情報発信してナンボです。

情報発信とは具体的にいうと

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • ブログ

この辺ですね。
TwitterやFacebookは資産としてはいまいちなので、
ブログやYouTubeを始めるのが良いと思います。

有益な情報を発信していきましょう!

まとめ

  • お金=提供した価値の対価
  • 異分野を組み合わせることで希少価値が生まれる
  • ネットを使って情報発信しよう

今の時代は、
お金よりも信用を稼ぐべきだという主張もあります。
お金は使ってこそ意味をなすもので、
使わないで貯めておくだけでは死金となります。

信用だけを貯めまくって、
お金ゼロのホームレス小谷って人がいるんですが、
彼はホームレスなのに
毎日寿司食ったり
海外旅行に行ったり
結婚式を挙げたり
しています。

▼詳しくは以下をどうぞ
ホームレス小谷から学ぶ!信用をお金に換える方法

今は信用さえ貯めまくってしまえば、
クラウドファンディングを使って
信用をお金に両替することもできる時代です。

時代は刻々と変化しています。

時代の変化に置いていかれないようにするためにも、
学び続ける事は大切ですね!

ではまた!

成功の美術レター配布中

☆4000円相当のプレゼントを配布中
〇ここでしか読めないレターもあります
◎無料で読めて、いつでも解除できます
成功の美術レター1通目(自己紹介)サンプル

成功の美術レター